もんち 人生迷走中

もんちです 毎朝、その日の名言と、その日、お誕生日の有名人の紹介 などなど 日々の出来事も書きます 宜しくお願い致します

9月21日 今日は人生最幸の日

おはようございます!

 


一日一字を記さば一年にして三百六十字を得、一夜一時を怠らば、百歳の間三万六千時を失う。

 


#吉田松陰

 

 

 

9月21日

 


今日は、『国際平和デー

 


「世界の停戦と非暴力の日」敵対行為を停止するよう全ての国、全ての人々に呼び掛けている

 


毎日この記念日にすれば良いのに

 


今日のお誕生日

 


桂ざこば(2代目)さん、スティーブン・キングさん、松田優作さん、安倍晋三さん、佐々木ゆう子さん、四元奈生美さんなどなど

 


もんち的には、なんじゃこりゃ〜の松田優作さんのお誕生日

 


本日お誕生日の方々、おめでとうございます

㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️

 

f:id:monchi2007:20200810155147j:image

 

松田優作

 


山口県下関市今浦町で、日本人の父と当時、質屋を営む韓国人の母との間に生まれる。

 


1972年4月、文学座付属演技研究所十二期生となり、文学座同期には阿川泰子高橋洋子、山西道広、1期後輩に中村雅俊、1期先輩に桃井かおりがいた。

 


新宿でバーテンダーをしていた時に知り合った、村野武範が自身が出演していた『飛び出せ!青春』のプロデューサーである岡田晋吉が新人俳優を探していることを聞き、「自分の研究所にちょっと面白い男がいる。」と松田を推薦した。

しかし本当は、村野は優作を優秀な俳優として推薦したわけでなく、前日に麻雀に負けた時の約束を果たしただけらしい。

 


しかし、それがきっかけで、1973年、刑事ドラマ『太陽にほえろ!』にジーパン刑事としてレギュラー出演、その活躍・殉職シーンが話題となる。

 


『なんじゃこりゃ〜〜』ってやつですね。

 


また、志垣太郎主演の東宝『狼の紋章』にて映画初出演を果たした。

 

 

 

1976年1月、前年に行なわれた『俺たちの勲章』の鹿児島ロケ打ち上げの際、19歳の予備校生に対して共演者と共に暴力を振るい、全治3か月の重傷を負わせた容疑で警視庁新宿警察署に逮捕される。

懲役10月、執行猶予3年の有罪判決を受ける。

 


1976年5月、東映『暴力教室』(岡本明久監督)がクランクイン。

これにより映画復帰を果たす。

 


今と違って、復帰が早いですね。

 


1986年には映画『ア・ホーマンス』製作途中で、作品の方向性に関して意見が食い違ったため、監督が降板。

自らがメガホンを取ることとなり、これが初監督作品となる。

 

 

 

1988年、深作欣二監督の時代映画『華の乱』では、国民的女優吉永小百合と共に主役を演じる。

この撮影をしている頃から、松田は尿が出なくなり腹がパンパンに張っていたという。

 


その後アメリカ映画『ブラック・レイン』に出演し、念願のハリウッドデビューを飾る。

同映画の撮影時点で自身が癌に侵されている事を知るが、延命治療を拒み、出演していた。

 


病気の事実を知る者は、撮影関係者では安岡力也のみであり、周囲にも堅く口止めがされていた。

 


1989年11月6日午後6時45分、入院中の武蔵野陽和会病院で膀胱癌の腰部転移により死去した。

40歳没。

 


そんなに若かったんだな〜。

 


松田が弟の様に可愛がっていた仲村トオルは松田の遺体の前で「優作さん! 起きてください! 早すぎるよ!!」と泣き叫んだ。

 


テレビドラマ

太陽にほえろ!』

『俺たちの勲章』

『大都会PARTII』

探偵物語

 


映画

『遊戯シリーズ』

蘇える金狼

探偵物語

家族ゲーム

ブラック・レイン

 


主だった出演作品は少なかったが、インパクトのある演技で30年経った今でも影響のある人物である。

 


生きておられたら、きっと凄い俳優になってたんだろうな。

 


息子の松田龍平さん、松田翔太さんの活躍を期待致します。

 

 

 

本日が皆様にとって、人生最幸の一日になりますように😍

 

 

 

#名言

#誕生日

#吉田松陰

#松田優作

#9月21日