もんち 人生迷走中

もんちです 毎朝、その日の名言と、その日、お誕生日の有名人の紹介 などなど 日々の出来事も書きます 宜しくお願い致します

4月1日 今日は人生最幸の日

おはようございます!

 


日常生活で、人々がおおむね正直なことを言うのはなぜか

神様が嘘をつくことを禁じたからではない

それは第一に、嘘をつかないほうが気楽だからである

 

#ニーチェ 

 

 

4月1日

 


今日は『エイプリルフール』

 

罪のない嘘をついて良いとされる日。

日本では「四月馬鹿」とも呼ばれる。

 

もんちは男前です👍🏻👍🏻👍🏻

 


今日のお誕生日

 


三船敏郎さん、塩沢ときさん、林真理子さん、高橋克実さん、相原勇さん、鷲尾いさ子さん、竹内結子さんなどなど

 


もんち的には、KKコンビの桑田真澄さんの誕生日

 

本日お誕生日の方々、おめでとうございます

㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️

 

f:id:monchi2007:20200327101637j:image

 

桑田真澄

 

大阪出身。

 

小学生の頃はソフトボール

中学生では軟式野球をしていた。

中学生で既に140kmのボールを投げていたらしく、有名だった。

 

高校でPL学園に入り清原和博と出会う。

 

入学後、実力を認められずにいたが、臨時投手コーチに目をつけられ特訓を受ける。

 

その後、試合前まで弁当配りやバット運びをしていた1年生桑田の公式戦先発デビューが急遽、決まる。

 

試合前は味方チームにもかかわらず上級生は桑田を一人にし、「ああ、もう負けや、三年間の高校野球は終わった」とか、「お前がおるからあかんのや」と桑田を苛めた。

 

この試合、清原が公式戦初本塁打で桑田を援護、桑田は相手打線を散発2安打に抑え、完封する。結果で上級生を黙らせた桑田(そして清原)の快進撃がそこから始まる。


KKコンビとは、PL学園高等学校に1983年から1986年まで在籍し春・夏の甲子園で主力として活躍した桑田真澄清原和博の2人を指す通称。

由来は2人の名前の頭文字をとったもの。

 

高校野球激戦区の大阪から甲子園に出場可能な5回全てに出場。

そのうち4度決勝に進出し1年夏と3年夏の2回優勝という記録を清原とともに打ち立てる。

 

1985年のプロ野球ドラフト会議で巨人から1位指名を受け入団。

 

1988年には、球団史上最年少の20歳0カ月で開幕投手に抜擢された。

 

1994年シーズンは、14勝11敗、防御率2.52、奪三振185の成績を挙げ、最多奪三振のタイトルを獲得。

シーズンを通しての活躍でセ・リーグ最優秀選手 (MVP) に選出される。

 

2007年シーズンよりメジャーリーグに挑戦することを表明、結局『引退試合』は『お別れ会』としてファン感謝デーで行われることとなった。

 

イベントの最後に「18番 桑田真澄の野球は、心の野球です。今はただ感謝の気持ちしかありません。(略)…さようなら、そして21年間本当にありがとうございました」と挨拶し、21年間在籍した巨人に別れを告げた。

 

2006年、ピッツバーグ・パイレーツマイナー契約を結ぶことが発表された。

日本人のパイレーツとの契約は、マイナーを含め第1号となった。

 

2007年、メジャーに昇格。

 

引退後は野球解説者・評論家やタレントとして活動。

 

いつかKKコンビのキャッチボールをまた見たいと思ってます。

 

本日が皆様にとって、人生最幸の一日になりますように~😍

 

 

#名言

#誕生日

#ニーチェ

#桑田真澄

#KKコンビ

#4月1日