もんち 人生迷走中

もんちです 毎朝、その日の名言と、その日、お誕生日の有名人の紹介 などなど 日々の出来事も書きます 宜しくお願い致します

10月17日 今日は人生最幸の日

おはようございます!

 


あせってはいけません。

ただ、牛のように、

図々しく進んで行くのが大事です。

 

#夏目漱石

 

 

 

10月17日

 


今日は、『オンラインゲームの日』

 


1997年のこの日、日本初の月額課金制・多人数同時参加型のオンラインRPGが発売された

 


本日のお誕生日

 


もたいまさこさん、賀来千香子さん、ミスターちんさん、谷村有美さん、エミネムさん、武蔵さん、坂野友香さん、今井翼さん、松坂桃李さん、大島優子さん、桜庭ななみさんなどなど

 


もんち的には、千手観音の黒沢かずこさんのお誕生日

 


本日お誕生日の方々、おめでとうございます

㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️

 

f:id:monchi2007:20200824143317j:image

 

黒沢かずこ

 


本名、黒沢宗子

 


茨城県ひたちなか市出身。

 


一人っ子で、実家は食堂喫茶「まわたり食堂」を経営している。

バブルの頃は繁盛し裕福な生活を送っていたが、「両親がパチンコにのめり込み、お昼時に「準備中」の看板を掲げ、後に客足が遠のいた」と本人が語っている。

 


中学校ではソフトボール部に所属しキャプテンも務めた。

 


幼少時は多忙な両親に朝食を用意してもらえなかったことで、中学2年まで朝食という存在を知らなかった。

 


専修大学中退後、吉本総合芸能学院(NSC)東京校4期生。

 


デビュー当初は本名で活動していたが、「宗子」が「かずこ」と読みにくいためか、名前をひらがな表記に変更した。

 


素人時代から大のお笑いファンで、よくお笑いのライブを見に上京していたという。

 


松本人志のライブビデオ「寸止め海峡(仮)」の「恩返しされた男」というコントで真っ先に「板尾さーん!」と叫んでいる観客は黒沢である。

 


1998年、NSC東京校の同期だった大島美幸村上知子と共に「森三中」を結成。

 


2001年、日本テレビ進ぬ!電波少年』の「電波少年的15少女漂流記」に参加し、同年には大島と村上が『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』で頭角を現してきたこともあり、森三中のテレビ出演が増える。

 


「15少女漂流記」で一緒だったいとうあさこなかのよいこオアシズと仲が良い。いとうの「浅倉南」ネタで着ているレオタードは黒沢がプレゼントしたものである。

 


2003年に大島が、2008年には村上が結婚したため、森三中では唯一の独身メンバーになる。

 


森三中のメンバーのほか2人より年上であるため、芸歴は同期にもかかわらずしばしばメンバーからは「黒沢さん」とさん付けで呼ばれる。

 


単独で「千手観音かずこ」(自称:平成の歌姫、三茶の女豹)名義でも活動中。

 


全身金色の衣装が特徴で、邦楽を意味不明な言語で歌うこともある。

レパートリーには、倖田來未の『キューティーハニー』、MISIAの『Everything』、森川由加里の『SHOW ME』、アン・ルイスの『六本木心中』などがある。

 


このキャラクター一本でR-1ぐらんぷりの準決勝に進出した。

 


激戦区の女芸人の中でも、人柄が良いのがよく分かる。

 


独身キャラだが、いつか結婚して幸せを掴んで欲しいものです。

 

 

 

本日が皆様にとって、人生最幸の一日になりますように😍

 

 

 

#名言

#誕生日

#夏目漱石

#黒沢かずこ

#森三中

#10月17日