もんち 人生迷走中

もんちです 毎朝、その日の名言と、その日、お誕生日の有名人の紹介 などなど 日々の出来事も書きます 宜しくお願い致します

4月5日 今日は人生最幸の日

おはようございます!

 

 

 「一歩一歩、着実に積み重ねていけば、予想以上の結果が得られるだろう」

 

#黒田官兵衛

 

イチローも同じような事言ってますね

 

 


4月5日

 


今日は、『ヘアカットの日』

 

昔は女性は髪を切ってはいけなかったらしいです

ほんまに?

 


本日のお誕生日

 


板東英二さん、ファイティング原田さん、吉田拓郎さん、野村萬斎さん、千堂あきほさん、西川史子さん、三浦春馬さんなどなど

 


もんち的には、DRAGON BALL鳥山明さんのお誕生日

 

本日お誕生日の方々、おめでとうございます

㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️

 

f:id:monchi2007:20200401191124j:image

 

鳥山明

 

漫画を描き始めたのは22歳の時だった。

 

1980年に『Dr.スランプ』の連載を開始。

鳥山は当初、自称天才科学者の則巻千兵衛を主役にしようと考えていたが、鳥嶋のアドバイスを受け、少女アンドロイドの則巻アラレを主役にし、千兵衛は脇役にした。

これが功を奏して人気作となり、1981年より『Dr.スランプ アラレちゃん』としてTVアニメ化され、最高視聴率36.9%を記録、歴代アニメ最高視聴率で3位になるなど大ヒットアニメとなった。

 

1984年8月に『Dr.スランプ』の連載を終了。

同年11月に『ドラゴンボール』の連載を開始する。

当初は西遊記に格闘漫画の要素を加えた、孫悟空という少年の冒険譚であり、アンケートで反響も無く人気は低迷していたが、格闘大会天下一武道会で人気が出たのをきっかけに、次々に登場する強敵・難敵との戦闘をメインに据えたシリアスな物語となることで人気を獲得し、1986年から1997年まで放送されたTVアニメシリーズは、平均視聴率20%を維持した。

 


鳥山明伝説

 


ドラゴンボール単行本の総売上が日本の人口を上回る約1億4千万部

 


ドラゴンボールアニメ関連市場規模は、なんと3000億円

 


単行本の印税だけでも1億4000万部 × 40円 = 56億円

 


ドラゴンクエストのデザインを担当し、スライムに顔を描くことで、シリーズを代表するキャラクターになった

 


久しぶりにドラゴンボールや、Dr.スランプを読みたくなってきました

 

 

本日が皆様にとって、人生最幸の一日になりますように~😍

 

 

#名言

#誕生日

#黒田官兵衛

#鳥山明

#ドラゴンボール

#4月5日