もんち 人生迷走中

もんちです 毎朝、その日の名言と、その日、お誕生日の有名人の紹介 などなど 日々の出来事も書きます 宜しくお願い致します

3月7日 毎日が記念日

おはようございます!

 


「何のために生きるの?」と聞かれたら、「誰かを幸せにするために生きるのよ」と答えてあげてください。

 


#瀬戸内寂聴

 


3月7日

 


今日は、『消防記念日

 


明治以来消防は警察の所管とされていたが、各市町村に消防本部・消防署・消防団を設置することが義務附けられた

 


本日のお誕生日

 


オール阪神さん、王理恵さん、チャン・ドンゴンさん、羽田恵里香さん、青山加奈さん、山川恵里佳さんなどなど

 


もんち的には、料理人の川越達也さんのお誕生日

 


本日お誕生日の方々、おめでとうございます

㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️

 

f:id:monchi2007:20200302084228j:image

 

川越達也

 


宮崎県東諸県郡国富町出身。

 


2人兄弟の長男。

弟の川越慎也は園田競馬場の元騎手で、1996年から2003年まで活動し、引退後の2005年に交通事故で他界している。

 


最初に作った料理はチャーハンで、小学校3年生の時に冷蔵庫にあった冷飯・ソーセージ・ピーマンを材料とし、母親が普段作っていたチャーハンの味付けを数種の調味料を使って再現し、友達に振舞った。

 


小学校から高校まで10年間野球に没頭していた。

背を伸ばそうと牛乳を飲むが腹を下し、体格を大きくしようと多く食べても大きくなれなかったことや、プロ選手になるためのレベルに達しなかったことで野球の道をあきらめた。

その後、生家が貧乏で「ちゃんと食べていけるようになりたい」との思いが強かったこともあり、料理の道を志す。

 


大阪あべの辻調理師専門学校へ入学。

同校ではフランス料理を専攻する。

卒業後、大阪・北新地のフランス料理店で働くが、バブル崩壊の影響で勤めて2年程で閉店することになり、その店主の紹介で神戸の料理店へ転職。

そこで阪神・淡路大震災に遭い、店と住居が被災したことで1か月後上京し、東京のウィークリーマンションに住み喫茶店・飲食店でアルバイト経験を重ねた。

飲食店経験としては、大阪でお好み焼き店をやっていた時期があったり、日本料理店などで修行を重ねていた。

 


その最後となったイタリア料理店で、客の一人としてカラオケボックスに来店したシェフから料理を高く評価された事で、1997年にそのシェフが携わるレストランの新店舗に料理長として抜擢され、その後2店舗で料理長を歴任した。

 


2000年に独立し創作イタリアン「ティアラ・K・リストランテ」を開店。

開店当初は予約や客が入らず、店を維持するために営業終了後に深夜のアルバイトを行ったり、近所のパチンコ店に通ったり、借金が膨れ上がった時期もあった。

 


2006年、「TATSUYA KAWAGOE」に改称し代官山へ移転、オーナーシェフを務める。

現在は閉店している。

 


その後、料理人としての活動の他、フードコーディネーター、料理講師としても活動していた。

 


2017年時点では、経営する店は全て休業・閉店状態であり、メディアへの露出なども断って世間から忘れられることを望むと週刊文春の取材に答えた。

 


2019年、長野に移住していることを公表した。

なお、東京・中目黒で新しい店舗の出店準備をしていることも明らかにした。

 


「ジャンルにとらわれず、常に新しい素材やレシピに挑戦する独自のスタイル」や「ジャンルにとらわれない、斬新でオリジナルな料理」が評価されているが、活動や対応に対して批判的な意見も存在する。

 


料理ライターを名乗る友里征耶も、「私は1度、店を訪れましたが、料理はデパ地下の総菜レベル。きちんとした店で修業していないのだから無理もありません。多分、ご本人もそれを理解しているからこそ、味ではなく雰囲気で見せているのだと思います。テレビ受けがいいのは、しゃべれる料理人は珍しいからでしょう。芸人とトークできる“プロ”の料理人はいませんから」と推測している。

 


なかなか厳しい意見ですね。

 


一時はテレビでよくみかけましたね。

イケメン料理人でしたね。

 


今では、どこかでレストランをこっそり、経営されているのかもしれませんね。

 


頑張ってもらいたいですね。

 

 

 

本日が皆様にとって、人生最幸の一日になりますように😍

 


#名言

#誕生日

#瀬戸内寂聴

#川越達也

#3月7日