もんち 人生迷走中

もんちです 毎朝、その日の名言と、その日、お誕生日の有名人の紹介 などなど 日々の出来事も書きます 宜しくお願い致します

2月16日 毎日が記念日

おはようございます!

 


強い心、知性、勇気があれば、

運命の力を阻み、

しばしばそれを逆転することが可能である。

 

#アルベール・カミュ

 


2月16日

 


今日は、『天気図記念日

 


1883年のこの日、7色刷りの日本初の天気図が作成された

 


本日のお誕生日

 


こまどり姉妹さん、逸見政孝さん、多岐川裕美さん、中村由真さん、西田尚美さん、相川七瀬さん、中村俊介さん、オタギリジョーさん、香椎由宇さんなどなど

 


もんち的には、不器用な高倉健さんのお誕生日

 


本日お誕生日の方々、おめでとうございます

㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️

 

f:id:monchi2007:20200212183611j:image

 

高倉健

 


本名、小田 剛一(おだ ごういち)。

 


福岡県中間市の裕福な一家に生まれる。

 


幼少期の高倉は、肺を病み、虚弱だった。

 


終戦を迎えた中学生の時、アメリカ文化に触れ、中でもボクシングと英語に興味を持った。

学校に掛け合ってボクシング部を作り、夢中になって打ち込み、戦績は6勝1敗だった。

 


1955年に大学時代の知人のつてで、当時、美空ひばりが所属していた新芸プロのマネージャーになるため喫茶店で面接を受けたが、居合わせた東映東京撮影所の所長で映画プロデューサー・マキノ光雄にスカウトされ、東映ニューフェイス第2期生として東映へ入社。

 


採用から1か月半で主役デビューが決定、その際にマキノの知人から「高倉健」と芸名をつけられる。

 


翌1956年の映画『電光空手打ち』で主役デビュー。

元々俳優を目指していた訳ではなかったことから、初めて顔にドーランを塗り、化粧をした自分を鏡で見た時、情けなくて涙が止まらなかったという。

 


その後、アクション・喜劇・刑事・ギャング・青春もの・戦争・文芸作品・ミステリなど、幅広く現代劇映画に主演・助演して、東映の期待は大きかったが、その後の作品はどれも当たらなかった。

 


美空の主演シリーズ『べらんめえ芸者』の2作目から、岡田茂は相手役に高倉を選び、知名度を上げ人気を高めようとした。

しかし芝居の硬さが目立ち、見え隠れする暗い陰や低音の声もあいまって、派手さや洗練さに欠ける地味で暗い雰囲気が漂った。

 


粋さが求められる同シリーズで、美空は高倉と組まされ続けることに不満であった

 


1963年に『人生劇場 飛車角』で高倉は準主役に抜擢された。

高倉は本作で任侠映画のスターとしての足掛かりをつかむが、さらに翌1964年の『日本侠客伝』では降板した中村錦之助に代わり、高倉が主演し、寡黙な立ち姿と目力が任侠シリーズでその威力を発揮した。

 


本作を切っ掛けに、翌1964年から始まる『日本侠客伝シリーズ』、1965年から始まる『網走番外地』シリーズ、『昭和残侠伝シリーズ』などに主演し東映の看板スターとなる。

 


当時の社会情勢を背景に、「鍛えられた体の背筋をピンと伸ばし、寡黙であり、不条理な仕打ちに耐え、言い訳をせずに筋を通し、ついには復讐を果たす」という高倉演じる主人公は、サラリーマンや学生運動に身を投じる学生を含め、当時の男性に熱狂的な支持を集め、オールナイト興行にまでファンが溢れ、立ち見が出たほどであった。

 


当時の風貌は、劇画『ゴルゴ13』の主人公・デューク東郷のモデルにもなり、同作の実写映画版への出演は、原作者のさいとう・たかをたっての要望であったという。

 


フリー転向後、同年の映画『君よ憤怒の河を渉れ』にて主演。

10年以上、出演し続けた仁侠映画のイメージから脱却した。

 


1977年には『八甲田山』、『幸福の黄色いハンカチ』の2作品に主演し、第1回日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞と、第20回ブルーリボン賞の主演男優賞のダブル受賞に輝いた。これ以後も数々の作品に出演し、合計4度の日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞、2度のブルーリボン賞の主演男優賞に輝いている。

 


これと前後してアメリカ映画や中国映画などの海外作品にも出演しており、1998年には紫綬褒章を受章した。

 


2000年に発表された『キネマ旬報』の「20世紀の映画スター・男優編」で日本男優の4位、同号の「読者が選んだ20世紀の映画スター男優」では第2位になった。

 


余計なテクニックを廃し、最小限の言葉で、演じる人物の心に込み上げるその瞬間の心情を表す台詞・動きを表現する芝居を真骨頂としており、基本的に本番は1テイクしか撮らせない。これについて「映画はその時によぎる本物の心情を表現するもの。

 


同じ芝居を何度も演じる事は僕にはできない」と述べている。また「普段どんな生活をしているか、どんな人と出会ってきたか、何に感動し何に感謝しているか、そうした役者個人の生き方が芝居に出ると思っている」としており、肝に銘じているという。

 


「俳優にとって大切なのは、造形と人生経験と本人の生き方。生き方が出るんでしょうね。テクニックではないですよね」とも言い切る。

 


主演となる次回作の映画『風に吹かれて』の準備をしていたが、2014年11月10日

悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去。

5年ほど前に前立腺癌で手術を受けて寛解したものの、その定期検査で悪性リンパ腫が発見されて療養していた。

 


満83歳没。

高倉の遺志により近親者によって密葬が執り行われ、高倉プロモーションから「往く道は精進にして、忍びて終わり悔いなし」の言葉が添えられたFAXでその死が発表された。

 


かっこいいですよね。

 

 

 

本日が皆様にとって、人生最幸の一日になりますように😍

 


#名言

#誕生日

#アルベールカミュ

#高倉健

#2月16日