もんち 人生迷走中

もんちです 毎朝、その日の名言と、その日、お誕生日の有名人の紹介 などなど 日々の出来事も書きます 宜しくお願い致します

10月31日 毎日が記念日

おはようございます!

 


人の世に失敗ちゅうことは、

ありゃせんぞ。

 

#坂本龍馬

 

 

 

10月31日

 


今日は、『ハロウィン』

 


古代ケルト族の収穫感謝祭がキリスト教に取り入れられ、現在のハロウィンになったとされている

 


本日のお誕生日

 


岡部幸雄さん、藤田美保子さん、池田鉄洋さん、大河内志保さん、飯島愛さん、SEAMOさん、山本耕史さんなどなと

 


もんに的には、亡くなられた飯島愛さんのお誕生日

 


本日お誕生日の方々、おめでとうございます

㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️

 

 

 

飯島愛

 


本名、大久保松恵。

 


東京都江東区の亀戸で生まれ育つ。

 


教育熱心で躾に厳しい両親に育てられ、小学校の頃は成績が良くおとなしい子であった。

 


中学に入学してからも成績は学年で常に10番以内を保っていたが、中学1年の頃に精神的な支えでもあった祖父が亡くなったことで精神のバランスを保てなくなり、それが原因で両親からのプレッシャーに耐え切れなくなって非行に走るようになった。

 

 

 

中学在学中から不良仲間と毎晩ディスコ等で夜遊びに耽るようになり、遊ぶお金の為に万引きやカツアゲを繰り返す生活をしていた。

 


高校には入学したものの全く通学しておらず、すぐに中退する。

中学卒業前後には既に家出同然の状態であり、家出後の彼氏との短い同棲生活等を経て、六本木でホステスとして働いていたところをスカウトされ、1992年にAV女優となる。

 


芸名は水商売時代に所属していた店のママが「みんなから愛される子になるように」という願いを込めて「愛」という源氏名を付けてくれたことによる。

 


AVデビュー後、『とんねるずのみなさんのおかげです』のスタッフととんねるず木梨憲武が彼女のファンであったことから、同番組にハプニングゲストとして出演したことがテレビ番組初出演となった。

 


1992年2月から深夜番組『ギルガメッシュないと』にレギュラー出演し、スカートをめくりTバックを見せるのが話題となって「Tバックの女王」と呼ばれた。

 

 

 

1994年頃、AV女優を引退。

テレビ番組への出演等によってタレントとしての知名度を得たことで、引退後は完全にタレント業へと転身を果たした。

 


タレント転身以降のテレビ番組への出演の際は、露出の多い服装でボディラインや脚線美を魅せる「お色気担当」として活躍すると同時に、クイズ番組等では珍解答を連発する、いわゆる「おバカタレント」としても活躍した反面、芸能、政治、スポーツなどの各分野で本音や自身の主張を展開した。

 


2000年、半自伝的な小説『プラトニック・セックス』でリンチ被害、AV出演や性病感染、中絶手術、整形手術していたこと等をカミングアウトしベストセラーに。

 


映画化やテレビドラマ化もされ、以来作家活動も行っていた。

 


2007年、腎臓病(腎盂炎)であることを報道され、「症状が予想以上に重く、仕事を続ける意欲を完全に失っているという。」と理由付けされている。

 


2007年3月31日、「目標や夢が見い出せず、芸能界で生き残っていくことは不可能」として所属事務所から正式に引退が発表された。

 


2008年12月24日、東京都の自室で亡くなっているのが親戚の女性によって発見された。 

その後、警察などの捜査によって、発見時現在で死後1週間ほど経過していたことが判明した。

死亡推定日は発見日である12月24日から起算して12月17日前後であると考えられている。

 


36歳没。

 


死因は肺炎であったことが判明した。

 

 

 

2009年『中居正広の金曜日のスマたちへ』300回記念スペシャルにて追悼特集を放送。

中居やベッキー大竹しのぶら出演者が「お別れ会」という形で最後のメッセージを贈り、涙ながらに飯島の死を追悼した。

 


亡くなった事をニュースで見た時は、衝撃的でした。

 


大変な人生を歩まれたと思います。

 


天国で安らかに過ごしてもらいたいですね。

 

 

 

本日が皆様にとって、人生最幸の一日になりますように😍

 

 

 

#名言

#誕生日

#坂本龍馬

#飯島愛

#10月31日

f:id:monchi2007:20191026113229p:image